歯科医療事務という仕事

歯科医療事務の仕事は大きく分けて4つ。 来院した患者さんの受付を行う業務と、診療内容を記したカルテを読み取り、計算をする会計業務、実際の診療をサポートする業務、そして、レセプトの集計業務です。 医院によってはスタッフの数が多い場合は、この4つの業務をさらに分担して行っている場合もあります。

歯科医療事務の仕事内容

病院で診療を受ける時、最初に受付をし、最後に診療費用の清算を行いますよね。
この時に対応してくれているのが、医療事務の方です。
歯医者さんにも同じような仕事をされる歯科医領事務を行うスタッフがいます。
診療報酬を計算し、患者さんにご請求するのが主な仕事ですので、直接患者さんと接することの多い仕事です。
一般的な医院やクリニックの医療事務と比較すると、歯科医院での診療報酬の計算方法は特有のものが多く、専門的知識が必要になる場面が多いようです。
そして、多くの歯科医院が少人数で運営されているため、事務だけでなく、患者さんの受付、予約管理や会計業務、診療のサポート、レセプト(報酬計算、請求)業務と、多岐にわたります。
細かい計算や、作成する書類も多いので、神経を使う仕事ですが、その分やりがいも多い仕事です。
歯科医院自体、年々増加の傾向にあり、現在では、全国の医療機関の4割を占めるほどになっています。
そのため、歯科医療事務は、必要とされることの多い職種なんです。
就業するために必須とされるような資格は特にありませんので、求人は門戸広く開かれています。
ただ、任される仕事の範囲が広いので、専門的な知識を持っていることは、雇用先の歯科医院にとっても心強いこと間違いなしです。
民間の資格ではありますが、取得しておくと即戦力として役立つ資格がいくつかあります。
歯科医療事務としての就業を希望されている方は習得を目指してみるとご自分のキャリアアップにもつながります。

おすすめリンク

武蔵小杉で人気の小児歯科

お子さんをはじめて歯科受診させる親御さんに人気の武蔵小杉にある歯科医院をまとめました

歯科医療事務に関連する資格とは

歯科医院内で、様々な業務を担当することになる歯科医師事務職。 幅広い知識が求められるうえ、、日々の生活ではあまり触れない、歯科医療の報酬計算といった専門的な知識も必要とされます。 この職業に就くにあたって、必須となる資格というものはありませんが、あったら便利な資格はいろいろあります。

歯科助手業務で役立つ資格

歯科医療事務としての仕事には、実際の治療の現場で、歯科医師や歯科助手の助手としてサポートすることも含まれています。 使用する器具や薬品も非常に種類が多いです。 治療に合わせて、必要となるアイテムの名前はもちろん、取扱い、お手入れ方法など、理解しておくと仕事に非常に役に立ちます。